カードローンの仮審査と本審査の違いを教えてください

カードローン初心者です。テレビの宣伝で「即日融資」などと手軽さを強調しているのを見て、カードローンというのはとても簡単なものだと思っていました。でも、仮審査と本審査があったんですね。即日融資だとそんなにじっくり審査をしている時間もないと思うのですが、それはどういったものなのでしょうか? 違いを教えてください。

仮審査は書類審査、本審査は金融履歴の照会や在籍確認など

仮審査、本審査というと、住宅ローンのようですね。住宅ローンの仮審査は事前審査と呼ばれることもあり、こちらはかなりしっかりした審査のようです。カードローンの場合は、それほど詳しい審査ではありません。

ネットや書面で必要事項を記入して提出すれば、もう仮審査です。仮審査では勤続年数や年収、他からの借入金額などが条件をクリアしているかを見ているに過ぎません。その後の本審査で、信用情報の照会などがあります。
(⇒カードローン仮審査と本審査の違いって何?

信用情報の照会では、過去数年間の金融履歴を見られます。クレジットカードの支払い状況や、他社への申し込み履歴、借入や滞納などがわかってしまいます。なので、他社からの借入額を少なく申告しても無意味なわけです。もう一つ、在籍確認がありますね。申し込み者が申請した職場に電話をかけて、その人が実際に在籍しているかを確認する審査です。

申し込みをする側からすると、在席確認というのはありがたくないものです。金融会社の名前は出さないにしてても、「ひょっとしたら電話を取った人に気づかれてしまうのでは」とドキドキするでしょう。このリスクを冒すのであれば、もう融資が決定になってからにしてほしいものです。

でも、現実にはそうもいきません。在籍確認はできたにも関わらず、審査に落とされることはあります。つまり不用意に何か所も申し込んでしまうと、不自然な電話が何度もかかってくることになります。注意しましょう。

【参考ページはこちら】
仮審査アプリの信頼度はどのくらい?

カードローンの仮審査と本審査の違いについて

これからカードローンを利用したいと思う方は、審査の仕組みについて覚えておく必要があります。カードローンの審査は、2つの段階に分かれています。一つは仮審査、もう一つは本審査です。

カードの申込みを行うとき、まず仮審査が行われ、それに通過すると本審査になります。審査まで通過した時点で、利用可能と判断されます。したがって、この2段階のジャッジに通らなければならないことを知っておく必要があります。

仮審査と本審査の違いには、次のようなものがあります。審査の時間、機械的か人間的かどうか、大雑把か詳細かといった違いです。仮の審査では、機械的にまた大雑把な審査が行われます。

一方本審査においては、人間的な手法で、また細かい調査が行われます。したがって、仮の審査で通過できても本審査で落ちてしまうことが多々あります。審査完了までの時間も、仮の審査は早いのに対して、本審査では長くかかります。

さて、カードローンでは審査の種類も大事ですが、実際の審査項目について考慮しておくことも大切です。カードローンの審査では、申込者の返済能力と信用情報がチェックされます。これらはさまざまな属性を調査することで審査されますが、その項目は多岐にわたります。

審査項目は会社によって違いがありますが、一般的に、年齢、年収、職業、勤務年数、居住形態、居住年数、家族構成、他社借入数、金融事故情報などです。年齢については利用条件で規定された年齢であることと、働き盛りの年齢であることが審査で有利になります。

年収は、額が多ければ多いほど返済能力があると判断されます。勤務年数は長いほど収入の安定性を示すことができ、審査を有利にすることができます。居住形態は、借家より持ち家のほうが審査が有利になります。他社借入数は、多いほど審査は不利になります。

過去の金融事故情報では、自己破産、債務整理などの履歴が調査されます。過去に金融事故を起こしたことがある場合は、利用できない可能性があります。