カードローンを一度に色んなところに申し込むとよくない?

カードローンの利用を考えています。借りられたらこれが初めてなのですが、実は数年前に申し込みだけはしています。そのときは急にお金が必要になって焦ってしまい、どこかで借りられればいいやと複数同時に申し込みをしてしまいました。結果、どこからも借りられませんでした。あとになって、そうするのはよくないということを知りました。でも何故なのでしょうか? 今回申し込むにあたって、注意点などもありましたら教えてください。

短期間に複数申し込むと、それだけで不審がられます

急にお金が必要になったら誰でも焦りますよね。カードローンはどこも同じに見えますし、どこでもいいやと思うのも当然でしょう。ただ、問題なのは審査です。申し込みをすると、審査のなかで信用情報の照会がされます。その照会をした履歴がまた信用情報に残ります。

そうすると審査をする人には、その人が別のところにも申し込んだらしい、ということがわかってしまいます。それが短期間にいくつも、となると、そんなにお金に困っているのでは返済が難しいのでは、と推測されて、審査に通りにくくなるようです。
(⇒カードローン審査に落ちた!通るコツとは

特に最近はカードローンの数が増えました。数年前までは、担保の要らない手軽な借金というと消費者金融ばかりでしたが、今はどこの銀行でも扱っています。注意していただきたいのが、銀行がやっているカードローンの「保証会社」です。銀行に申し込むつもりならこれを確認してください。たいていは有名な消費者金融や信販会社がやっています。銀行カードローンに申し込んだとき、審査をするのはこの保証会社です。

銀行カードローンは、そう簡単に審査に通るとも限りません。仮にひとつ目に落ちた後、次に申し込んだ銀行も同じ保証会社だったらどうでしょうか? おそらくは同じ結果になります。そうして「落ちた」履歴を重ねてしまうと、また審査に通りづらい状況になってしまいます。

そういったことを避けるために、確認をなさってください。保証会社は社名が明記されていることが多いですが、「当行所定の保証会社」と曖昧にされていることもあります。あとは申込件数を月に1~2件に抑えるようにすれば、よろしいのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
どうしてカードローン審査に落ちたか分からない!

カードローンは色んなところに申し込むと借りられない

カードローンは色んなところに申し込むと借りることができなくなってしまうことがあります。いろいろなサービスがありますから、それを使い分けていきたいという理由で申し込みをすると、全てから断られてしまうといった状況になる可能性があるのです。なぜこのようになるのかと言いますと、申し込みをしたという情報が多くの金融機関に流通するからです。

色んなところに申し込んでいる人に対して金融機関は貸し付けを行おうとは思いません。もしも貸し付けを行った場合に、他の金融機関も同時に貸し付けを行うと、その人は実力以上に借り入れることができる可能性があります。そうなると返済が滞ってしまうことも予想できるために、金融機関は貸し付けを行わないのです。

ですから、色んなところに申し込みたいと思ったとしても、同時に申し込みをするべきではありません。期間を空けてから申し込みをするのが良いのです。1ヶ月の間に何度も申し込みをすると、審査に落ちる可能性は高くなります。気になるサービスがあれば、まず一つに申し込みをして審査を受け、そしてしばらく使ってから別のサービスに申し込みを行うのが良いです。半年空ければ確実です。

すでに色んなところに申し込んでしまって、審査に通らなくなった人がいるとすれば、やはり時間を空ければ解決します。申し込みをした情報は信用情報機関に登録されます。信用情報機関という情報を特別に扱う会社が、その情報をきちんと把握しているのです。この情報が消えれば新たに申し込みをすれば審査に落ちてしまうことはないでしょう。

信用情報機関の情報がどれくらいまで保管されるのかは、それぞれの情報ごとに異なるのですが、申し込みをしたときの情報については半年くらいが相場です。ですから、色んなところに申し込んだことで審査に通らなくなった人の場合には、半年くらいは期間を空けてから再び申し込みをすると、カードローンの審査に通るようになる可能性が高くなるのです。
(⇒カードローンの審査条件についてもっと詳しく