初めての銀行カードローン、リスクとメリットを教えて

事務職女性です。20代、アルバイトの弟が銀行カードローンを利用しようとしており、姉として何か意見ができないか悩んでいます。弟はお調子者なところがあり、楽をしようとしたり甘い誘惑には乗っかりたがる性格です。お金を借りたい理由は楽器を買うためだそうですが、必要なこと以外にも使うのではないかと心配です。また家族にしわ寄せがくることはないでしょうか? カードローンのリスクとメリットを教えてもらえるとありがたいです。

リスクは、返せないと新たな借入ができなくなること

カードローンのリスクは、借り過ぎて返済ができなくなると、それ以降の借入ができなくなること、でしょうか。借入ができないというのはカードローンに限りません。クレジットカードも作れなくなりますし、携帯電話の機種を分割で買うこともできなくなります。結婚した後なら車のローンや住宅ローン、子供の教育ローンが組めない、という問題も出てくるでしょう。

このリスクは、裏を返せばメリットでもあります。闇金にでも手を出さない限り、一度返せなくなったらそれ以上はどこからも借りられません。その時点で借金はある程度膨らんでいるかもしれませんが、それ以降はそれを返していくしかないのです。

仮に弟さんがルーズな性格だったとしたら、それを反省する良いきっかけになるのではないでしょうか。ちなみに昔はかなり高額まで借りられましたが、現在のカードローンは収入に応じた額しか借りられなくなっています。
(⇒年収200万未満でも借り入れできる?

カードローンには保証人や担保は必要ありません。あくまでもその人個人のものです。万が一借りた本人が返せなくなった場合でも、家族に請求がくることはありませんし、払う義務もありません。また日常生活に支障が出るような執拗な取り立ても禁止されています。悪い可能性を考えたらきりがありません。弟さんも大人です。困っても家族は絶対に援助しないと伝えて、あとは本人の判断に任せてはいかがでしょうか。

【参考ページはこちら】
カードローンのメリット・デメリットって?

銀行カードローンリスクとメリットを考える

銀行カードローンリスクとメリットを知ってから銀行カードローンの申し込みをすることは、自分自身にとってよいことです。考えられるリスクは、銀行カードローンに限らず、ローンやキャッシングであればどれもそうなのですが、借りたからには返済する義務が生じるということがあります。

借りたお金には利息がつきますから、長くお金を借りていれば、それだけ利息も増え、返済する金額も増えてしまいます。ですから、必要以上のお金を借りない、借りる時には返済計画を立てるといったことが大切になります。銀行カードローンは、少額から借りることができますから、本当に必要な分だけ借りることが可能です。

また、返済計画は銀行カードローンのウェブサイトなどに返済計画ができるシステムなどがあるので利用するとよいでしょう。もう一つのリスクには、審査に通過しないと利用できないという点があります。銀行カードローンでは、担保や保証人が要らない代わりに、本人の収入や職業が重視されます。

ただし、最近ではパートやアルバイトなどでも利用できるものなどもあります。申し込み前に、その銀行カードローンはパートなどでも審査に通過するのかどうかなどを確認してみてもよいでしょう。(こちらもご参考に→色々な職業の方におすすめカードローン情報

メリットは、前述したように少額から借りられることや、担保や保証人が要らないといったことに加え、カードを利用してATMからお金を借りられるという点があります。ATMがあれば、全国で利用することができます。また、銀行が直接貸付をするため、金利が低く抑えられているところも多くあります。低金利であれば、それだけ返済する金額が少なくて済みます。

また、借入の回数に制限はありません。借りられる金額は、利用限度額以内であればいくらでも借りることができます。給料日前に急にお金が必要になった時なども、銀行カードローンのカードを持っていればすぐにお金を借りることができます。返済さえきちんと行えば、非常に便利なものなのです。