貸越利息ってカードローンを使い始めて引かれてました…

先日はじめて貸越利息というものが引かれているというのを知りました。貸越利息なんてはじめて聞くようになったんですけれども、これはいったい何なのでしょうか。貸越利息が引かれるのは先日使いはじめるようになったカードローンとも何か関係があるんでしょうか。

ちょっと意味がわからないので不安になっています。貸越利息に関する基本的な情報を教えてもらえないでしょうか。

貸越利息はカードローンや消費者金融の金利のことを指す

貸越利息なんていう名前で引かれていたら「なんだこれは」と驚いてしまうのも無理は無いですよね。なんといっても聞いたことがないような名前ですから当然です。貸越利息というのは別に特別な名前でもなんでもなくて、実は消費者金融やカードローンの金利のことを言うのです。金利で貸越利息という名前がつくのはたいてい銀行系カードローンが多いですね。

銀行系カードローンの中には貸越利息が使われる、普通預金口座と連動しているカードローンがあります。普通預金口座から直接引かれるパターンなのですが、この時に支払を引き落としにしていると1万円や2万円といった金額が引き落とされます。その時、明細を見てみると引き落としの元金と貸越利息というのが書かれることが多いのです。

これは明細を出している銀行系カードローンによく見られるのですが、金利や利息ではなくあえて貸越利息という名前を使っているのです。特に一般的な金利とは変わらないので、そんなに気にしなくてもいいでしょう。この時に金利がどれだけ引かれていて、元金がどのくらい減っているのかをチェックするといいでしょう。意外に利息が大きく響いていることがわかると思います。

金利が低い方がいい、そう言われているのはご存知でしょうが、貸越利息が引かれている時にはそのことをよく理解する事ができると思います。金利がたくさん減っているのであればその分返済にも時間がかかりますから、借入や繰り上げ返済などについても考えるようにしてみたほうがいいでしょう。

貸越利息という聞きなれない言葉でも特に気にしなくても大丈夫です。

【参考ページはこちら】
カードローンの利息対策を教えて!

カードローンの貸越利息とは一体なんなのか

カードローンで借りたお金の返済を銀行口座自動引き落としに設定している方の中には、引き落とし金額とは別に貸越利息という名目で何かお金が引き落とされていたといった経験を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

貸越利息とは銀行や消費者金融業者が個人に対して貸したお金に掛かってくる金利のことを指します、当座契約のときにある金額まではマイナスになってもOKだという条件を設けることだという認識を持っておくと一番わかりやすいと言えるでしょう。

この貸越利息のメリットとしては当座預金の残高がマイナスになったら自動的に発生して、新たな入金後口座内の金額がプラスになる前に一時的にカードローンの支払いを代行のような形にしてもらえるという点があげられます。
(⇒カードローンのメリット・デメリット

つまり支払わなければいけないお金があったものの銀行口座内にお金が無い、そのような場合であっても次回入金時に十分なお金を入れるようにすれば継続的的にローンサービスを利用できるようになっているというわけなのです。

利息はローンの契約元ではなく口座を管理している銀行から徴収されるため、ローン契約に掛かってくれる利子とはまた別の物であるということを頭に入れておくといいでしょう。当然ながら借りたお金は返さなければなりませんがどうしても纏まった資金を用意できないといった場合であってもこのような救済措置がとられるようになっているのです。

カードローンサービスの中には融資金額と利息分を銀行口座から一括で引き落としたり分割で返済したりと設定が選べるものが多いので、貸越利息という存在も記憶した上で銀行口座からの返済を計画するのが無難であると言えるでしょう。

カードローンの提供元の中には特定の銀行口座からの引き落としならかなり個人の要望にそった形での返済プランが組めるという場合があります、例えばボーナスが入ってきたらお金を返済するといった特定期日設定などが行えるため非常に便利だということも覚えておきましょう。