カードローンにかかる利息は必要経費ですか?

カードローンを利用したいと思ってます。カードローンって言うのは、利息が結構かかるじゃないですか。これって勿体無い気がするんですけど、これはやっぱり必要経費ってことになるんでしょうか。結構最近お金に困ってる為、少し余裕が欲しいなって感じで借りたいと思ってるものです。

カードローンにかかる利息は必要経費といえますね

カードローンを利用する際には、利息がかかってきますね。この利息と言うのは、必要経費と考えて良いでしょう。なぜなら、カードローンを利用することによって、今困っていると言う状況を打破することができますね。生活費が足りなくて困った…と言う状況を打破することができるのであれば、それほど助かることは無いのでは無いでしょうか。

もちろん、利息がかからずにカードローンを利用できるに越したことありません。でも、それではカードローンの会社の経営が成り立たなくなってしまいますね。カードローンの会社も慈善事業ではありませんので、利息を得ることによって経営を成り立たせています。そのため、利息を取らないと、カードローンの会社はやっていけないと言うことになってしまいます。

多少の利息を支払うことによって、生活を立て直すことができ、お金を用意してもらうことができるので、充分にありがたいサービスですね。親族や友達などに借りることも可能かもしれませんが、なかなか親や友人に借りるとなると、頼むのも大変ですし、後々何か人間関係に支障が出てきてしまう場合もありえますね。

そのようなことを考えると、面倒なことになってしまうかもしれないと言う可能性を低くすることが出来ますし、簡単にお金を借入することができますし、また、誰にもばれずにお金を借りられますので、かなり助かるサービスと言えるでしょう。

利息が気になる場合には、最初の○日間は利息がかからないなどと言う会社を利用するのがお勧めです。利用条件などがあったりするのでそちらもきちんと確認してから借入することをお勧めします。

また、借入した後に、早めに返済をすると言う繰り上げ返済をすることによって、利息を最低限に抑えることも可能なので、利息が気になると言う方は、繰り上げ返済も考慮に入れてみると良いでしょう。

金融のカードローンの利息や必要経費の解説

まず、カードローンとは、銀行などが行っている資金の貸付け(ローンとも言う)の一つで、銀行などが発行するカードを利用するローンです。 カードを利用して予め契約した貸出枠の範囲で指定した口座などからATMなどを通じて資金を繰り返し借り入れる事が出来る、というものです。

その借り入れたお金の返済方法はリボ払い(分割払い)で行います。今までメジャーとされてきたキャッシングとの違いのひとつは、この返済方法にあり、キャッシングのほうでは翌月一括返済という方式をとっています。ただし、会社によってキャッシングの意味が違い、キャッシングでリボ払いができるところもあります。

また、リボ払いでは銀行からすると長期的に安定した収入が得られるので、利息もキャッシングに比べ少ないところが多いです。キャッシングだと短期間でしか収入を得られなくなるので、金利を高くすることで収入を大きくしてしまおうとしてしまいます。その結果リボ払いのほうが金利が少なくなる理由です。

決してカードローンを提供する会社が悪いことをしてるのではないので、あしからず。ただ、キャッシングやカードローンの金利というものは会社によって差があるので、調べてみないとわからないので、注意してください。

そして、カードローンの返済は必要経費にならないので注意しなくてはなりません。必要経費として落ちるのは金利手数料のみとなります。 それは代金の支払いだとしても、月々の返済額の全てを引き落し毎に必要経費へ算入してはならないということです。

最後にカードローンとキャッシングの違いについてまとめます。前者の大きな特徴は、キャッシングに比べて金利が少ない、返済方法がリボ払いという分割して払う方式であること、予め契約した貸し出し枠の範囲で繰り返し貸し出しができることです。後者の大きな特徴はリボ払いに比べ、金利が高いこと、返済方法が一括払いであること、予め契約した金額のみを1度だけ借りられるとなっています。

【参考ページはこちら】
カードローンの利息は必要経費として計上できる?