カードローンにも福利厚生サービスみたいなのってあるんですか?

カードローンを利用するつもりでいるんですけど、カードローンにも福利厚生サービスみたいなのってあるんでしょうか。どうせなら、福利厚生サービスがついてるカードローンがいいかなって思ってます。どうせ利用するなら、何かお得な特典が付いてた方がお得ですよね。どんな感じなんでしょうか。

カードローンにも福利厚生サービスが利用できるものもあります

カードローンを利用したいとのことですね。福利厚生サービスが付いてるカードローンも存在しています。基本的に、大手の会社のカードローンな程、福利厚生サービスが付いてたりします。一昔前までは、福利厚生のサービスに力を入れてる所も結構あったようですが、近頃では、福利厚生サービスよりも、どちらかというと、便利にカードローンを利用できる方に力を入れてるようです。

福利厚生サービスとして、なん割引かで宿泊施設を利用出来たり、ツアーに参加出来たり、エステを割引で利用出来たり、飲食代が割引になったりと、日常カードを提示したりすることで、安く何かのサービスを利用出来たりするものが多いようです。

自分の生活圏内で利用できる福利厚生サービスがあれば、せっかくなので利用してみるのも良いでしょう。ただし、いくら割引で利用できるからと言って、そこにお金が発生してるのは事実なので、きちんとお金を計算して余過剰金で利用してみると良いでしょう。

大手のカードローンなどでは、インターネット上でマイページにログインして、色々な情報を確認できるようになっています。カード会社のページ、そしてマイページなどから様々な情報をチェックしてみると、お得に利用できる特典などが出てくるかもしれないので、マメにチェックしてみると良いでしょう。

【参考ページはKといら】
カードローンのおすすめQ&Aはこちら

クレジットカードローン。法人カードと福利厚生カード

カードローンは、銀行や協同組織金融機関が行う資金の貸付で、カードを利用することにより、あらかじめ契約で定めた貸出枠の範囲内で、自社の銀行や提携している銀行、コンビニなどのCDやATMを通じて資金を借り入れおよび返済ができることができるサービスです。

またクレジットカードに付属するキャッシングサービスもカードローンとされることがあります。こちらもあらかじめ契約で定められた貸出枠の範囲で、ATMなどを通じて現金を引き出すことができます。どちらにしても返済には金利が付くため、大きな金額の貸付を受ける場合には十分、返済計画を考えておく必要があります。

また銀行が発行するキャッシュカードにクレジットカード機能を付けたものもありますが、この場合、銀行のキャッシュカードでクレジットカード会社のカードローンを利用することができます。

クレジットカードは、主に個人向けに発行されているものですが、一部では大企業の法人向けに発行している法人カードがあります。これは経費決済を専用に行うもので、社員に貸与させるものです。この法人カードでも設定することによりカードローンが利用できます。

これらのカードでは主に接待費や、出張費、消耗品などの購入に使われます。社員側のメリットは、決済が容易に行え、また法人側は、そのカードで使われた経費を確実に把握することができることが挙げられます。また、ゴールドカードなどの上位カードでは利用する社員に空港や旅行傷害保険などが無料に付帯されるなどのメリットもあります。

一方で、公私混同を避けるために福利厚生カードと呼ばれるものがあります。これは、会社が経費の決済ではなく社員個人向けに発行されるカードです。これは法人カードに付属する幅広いサービスを割引料金で利用することができます。

ただしゴールドカードに準じたサービスを受けることができますが、貸付限度額は従来のゴールドカードに比べて低く設定されており、またカード利用分は給与から直接、天引きされます。