カードローンの審査で年収の嘘ってバレますか?

カードローンの審査を受けたいと思ってます。カードローンの審査の時、年収の嘘とかついたら、やっぱりそういうのってバレるんでしょうか。あんまり私、年収とかよくなくて、私の年収じゃカードローンの審査を受けても受からないかなあとかって思ってます。なので、どうしたらいいと思いますか?

カードローンの審査で嘘をついてもすぐにバレるので絶対NGです

カードローンの審査を受けられると言うことですね。年収が低かったとしても、審査で嘘を付くのは絶対に良いことではありません。なぜなら、審査でついた嘘などは、すぐにバレてしまうことになります。そうなると、受かる審査も受からなくなってしまうのです。

審査の担当をされる方と言うのは、色々な経験があり、これくらいの属性の人の年収はこれくらいなどと言う事は、色々と把握しています。そのため、嘘はすぐに見破られてしまうことになります。また、ほかの会社から借りてるのに、借りてないことにするなどと言う嘘はもってのほかです。信用情報機関に情報が全て登録されているので、問い合わせをすることによってすぐにわかってしまいます。

審査を何回受けたなどと言う情報も登録されてしまうので、あまり同時期に何件もの審査を受けない事をお勧めします。何件も受けてしまうと、申し込みブラックと言う状態になってしまう恐れがあるからです。申し込みブラックになってしまうと、半年程は審査に受かることが難しくなってしまいます。

本当のことをきちんと申告して、借りられる範囲内で借りると言うのがカードローンの正しい使い方です。正しい使い方をしていれば、カードローンは怖いものでもありませんし、きちんと返済できる範囲で利用することによって、生活を楽にしてくれることにもなります。きちんと正しい使い方をすることによって、大変便利に利用することが可能になるでしょう。

【参考ページはこちら】
ブラックでも審査に通れた人は運が良かったの?

カードローンの審査で嘘の年収申告が可能かどうかは程度による!

カードローンの審査で完全な嘘はいけませんが、度合いによります。アルバイトで年収が100万の方が1年に500万、600万稼いでいると嘘をついた場合、金融機関の担当者もプロです。はやりバレてしまいます。

バレるとまずいのです。何故ならカードローンは、お金の貸し借りであり、最も嘘をついてはいけない契約であるためです。審査では申込者の人間性も調査されています。ですので極端に見栄を張る行為は避けるべきです。最悪の場合、虚偽記載、詐欺と見なされる恐れもありますので気をつけましょう。

しかし、多少の上乗せであれば誤差の範囲内です。勤め先の業績が良かった頃の年収を多少調整して申告するくらいであれば、すぐにバレる確率を抑えられます。極端に見栄をはらない事です。カードローン会社は、申込者の利用履歴を参照できます。利用履歴とは過去のカードローン、キャッシング、クレジットカードなどの利用履歴です。
(⇒ブラックでも借りられるカードローン会社もあるの?

利用履歴から、本人がどのように生活しているかを推測する事もできます。年収が高い人は、頻繁に借り入れをするでしょうか。恐らくしないでしょう。借り入れ先が増えていくでしょうか。恐らく増える事はないといった事を審査の担当者が考えているとすれば、過度な嘘は、審査では不利に働くとご理解いただけるはずです。

実際、カードローンの審査はコンピューターで行われます。ですので、先のように全て目視で厳しく審査される事は無いのですが、バレると信用が落ちて審査にも落ちやすくなります。極端に見栄を張らないほうが良い意味がおわかりいただけるはずです。誤差の範囲内にしておきましょう。

申し込みから融資までの手続きは、対面ではなく一人で行えます。しかし、申し込みを受け取る側は人間です。人間ですから、貸し手と借り手の信頼関係も確実に存在しているのです。信頼も重要な審査基準です。極端な嘘をつく人を貸し手は信じる事ができるでしょうか。恐らく無理でしょう。正直に申告する人のほうが良いのは間違いありません。

少々堅苦しい話になりましたが、可能であればそのまま申告しましょう。年収を盛るのであれば、適度な範囲に押さえておきましょう。限度額は後で申請でも可能ですので、上手くリスク管理を行なって申込んでください。