現在5社から100万円ぐらいの借入れがあります。消費者金融って簡単に借りることが出来るからずるずると貯金を引き出す感覚で借りてしまったのですが、そろそろ20代も終わりが近づき結婚もしたいと思ってきたので借金の清算をしておいた方がいいのかなと危機を感じています。そこで5社へ毎月返済するのは面倒なのでおまとめローンを利用して金額を分かりやすくしてから返済しようと考えています。

そこで気になるのがカードローンの借換えは何社までの借入れOK?5社でもまとめて1社から借り換えできるのかな?どうするのがいいですか?教えて下さい。契約社員で年収300万円の20代です。勤続は5年です。

おまとめローンは意外と審査が厳しい!

おまとめローンはたくさんの銀行や消費者金融などのノンバンクの金融機関で行っている商品ですね。このおまとめローンは返済先が複数から一社にまとめることが出来て返済がラクになったり、まとめることで金利が低くなったりすることが魅力的ですが、実は審査は厳しいんですよ。だから、希望したからと言って誰でも審査に通るわけではないのです。
(⇒複数の借り入れあり、借り換えってできる?

審査に通るには、まずは借り入れ先を少なくとも3社までにしましょう。5社の中から借入れ金額が少ないところや金利の高いところをまずは完済しましょう。もし、20万円×5社で100万円というコトなら金利の低いところから借り入れをしてでも金利の高いところへ返済しましょう。

各社20万円の借入限度額でこれ以上借りれないという状況なら毎月の返済額を見直して少しでも多く返済して早めに少なくとも2社の完済を目指しましょう。完済したら解約までして借り入れ先を5社から3社へ絞りましょう。

3社まで絞れたらようやくおまとめローンの審査に通る可能性が高くなりますよ。おまとめローンの借換えは完済することが目的ですから新たな借入れはせず返済に専念しましょうね。

カードローンの借換えは何社までの借入なら可能か

複数のカードローンの融資を受けている場合に、借り換えをしてまとめるのは良い方法の一つでしょう。返済の手間が減りますし、ほかにも支払う利息を下げられることもありますから、様々なメリットがあります。では、複数社からの借り入れがあるときに、何社までなら可能なのでしょうか。あまりにも多いとできないと考える人もいるでしょうから、少し解説したいと思います。

借換えは何社までの借入なら可能なのかといいますと、実は数ではありません。数ではなくて金額の合計だと考えておくのが良いです。新たに借換えに用いる金融機関で確保できる限度額が、仮に200万円だったとします。このときに、借り換えをする前の借り入れの合計が200万円であれば可能なのです。

たとえば、4社から50万円ずつ借りている場合には、合計すれば200万円になりますから、借り換えをして一つにまとめてしまうことはできます。しかし、3社から100万円ずつの借り入れがあるときには、合計すると300万円ですから借り換えをして一つにまとめてしまうことは不可能なのです。ですから、数ではなくて合計金額だという点に注意しておかなければなりません。

では、実際には何社くらいの借り入れをまとめている人が多いのでしょうか。2社から3社というのが多いケースで、4社というのはあまりないようですが、まとめることは可能です。5社や6社を借換えして一つにまとめたという人は非常に少ないのですが、その理由はそもそも5社や6社から借りることは不可能な場合が多いのです。

ですから、現状借りている数についてはあまり関係がないと考えておくべきでしょう。それによって何らかのデメリットがあるわけではなくて、問題は借り換えをするために必要な金額だと考えておくべきです。借り換えをするわけですから、現在借り入れをしている資金の合計金額がどれくらいなのかによって、借り換えができるのかどうかが決まると考えておきましょう。

【参考ページはこちら】
借り換えはどんなカードローンからでもできる?