年収を越えたカードローンの限度額は設定してもらえるか

年収が大きな影響を及ぼしているとカードローンではされているんですけれども、もしかするとなにかの方法ではカードローンの限度額を年収を超えた金額に設定するということも出来るんでしょうか。年収を越えた金額にすることが出来ても、毎月の返済は数万円ずつでしょうから、そんなに困らないと思うのですが、どうなのでしょう?

結果的に多重債務でそうなる人もいるが原則的には無理

年収を超えるだけの借り入れをして何に使うかは別として、それだけの借り入れは住宅ローンなどでは可能ではあるでしょう。しかし年収を越えた金額をカードローンの限度額として借りることは無理、これは間違いありません。それだけの借り入れをしたいといえば消費者金融では総量規制の違反になりますので法律違反で借りられませんし、銀行系カードローンでも断られるでしょう。

ただ、多重債務者の中には年収を越えた金額を借り入れしている人も中にはいます。これには2つの理由があってこれだけの金額を抱えることになっています。1つが闇金などの理不尽な借り入れをしている場合です。闇金は100万円を借りても1ヶ月で300万円に変わっていたり、元金を勝手に変えていたりする場合もあります。そういうところから借りていたら、すぐに年収を越えた借り入れになりがちです。

もう一つが借りたお金の金利を付けて返済するわけですが、この金利が増えていくパターンです。金利だけでなく返済を遅らせている場合には返済遅れに関する損害金というものも発生し、両方を払わないといけないようになります。そうなると、金利と損害金の2つで年間1.5倍くらいには金利も含めて元金が増えてしまうので、何年も滞納していると年収を超えるわけです。

この2つの方法であれば年収を越えた借り入れをカードローンで行うことは出来ますが、最初からカードローンで年収を越えた借り入れを行うことは出来ないというわけです。法律やルールなどもありますし、それを破ってまで貸出をしてくれるのは闇金などの危ないところくらいのものですからね。

【参考ページはこちら】
年収1000万なら低金利で借り入れできる?

カードローンで年収の3分の1を超えた借り入れは可能か

貸金業法の総量規制でカードローンの借り入れ可能限度額が年収の3分の1までと定められている現在、その3分の1を超えた借り入れは可能か?答えは可能です。

まずカードローンで借り入れの申し込みをする際には、氏名、年齢、住所、電話番号、年収、勤務先、勤続年数などを申告しなくてはいけません。ここでいう年収とは手取りのことではなく、社会保障費や所得税などを引かれる前の総支給額のことです。

例えば月々20万円の給与をもらいボーナス無しの場合ですと、年間の手取りは20万円から社会保障費25000円程度、所得税5000円程度を引かれた17万円×12ヶ月の203万円となります。しかし借り入れの申し込みの際に申告する年収は月々の総支給額20万円×12ヶ月の240万円となります。

上記の例の場合ですと240万円の3分の1の80万円が融資限度額となり、80万円までは借り入れが可能となります。しかしこれは「貸金業法」をもとに営業を行っている業者にのみ適用されます。具体的に「貸金業法」をもとに営業を行っている業者とは消費者金融会社、クレジット会社、信販会社などですが、このクレジット会社や信販会社のキャッシングの部分のみに貸金業法の総量規制は適用されます。なのでクレジットカードなどでのショッピングについては総量規制の対象外となります。

また銀行のカードローンであったり、自動車ローンであったり、住宅ローンなどについても総量規制の対象外となります。ですから銀行のカードローンと貸金業者のカードローンを組み合わせれば年収の3分の1を超える借り入れも可能ということになります。

ですが貸金業法に総量規制が導入されることになった背景には借り入れが増えすぎてしまい多重債務に苦しんだり、自己破産したりする人を減らそうという目的がありました。その際に無理なく返済していける融資限度額が総量規制に定められている金額です。このことを忘れず借り入れをする際は計画性をもって行うことが大事ではないでしょうか。