郵便局にこないだ行ったついでに、最近話題のゆうちょカードローンしたくというものを探してみたのですが、窓口などにはそういったたぐいのものはありませんでした。ついでにATMなんかも見てみたんですけれども、ゆうちょのカードローンはありませんでした。

おかしいなぁと思っていましたが、ゆうちょカードローンしたくを使っている人は少なくないのはネットでわかっています。いったいどこで皆さんは使うことができているのでしょうか。

ゆうちょカードローンしたくはスルガ銀行が唯一の窓口だ

ゆうちょカードローンしたくは非常にややこしい商品の一つかもしれません。ゆうちょカードローンしたくという名前だから郵便局に行けばいいと思っている人もいるようですが、そうではないのです。実はスルガ銀行というところだけがその販売窓口を持っているので、契約するならばスルガ銀行にお願いをしないとダメなのです。

ゆうちょカードローンしたくをすぐに手にしたいのであれば、スルガ銀行の窓口に行くか、もしくはインターネットから申し込みをすることになるでしょう。手軽なのはネットだと思いますので、ネットから申し込みをするといいと思います。ローンカード自体は提携ATMがたくさんあるので、使い場所には困らないかと思います。

ただひとつ気をつけておかないといけないのは、ゆうちょカードローンしたくはゆうちょのものだから大手で安心でき、かつ金利が低くてたくさん借り入れできるというように勘違いしないことです。大手ほどそういうたくさん借り入れできて、金利が低いと思われがちですがゆうちょカードローンしたくはちょっと違うと思っておいてください。

場合によっては大手の銀行系カードローンや地方銀行系カードローンのほうがいい時もありますので、金利や限度額だけを考えるのであれば他のものを使ったほうがいいことが多いので注意してください。それ以外はほとんど他の銀行系カードローンと変わらないですし、安心感も大きいでしょう。
(⇒銀行系カードローン情報はここでチェック!

なかなか窓口も知られていないので使うときには戸惑うでしょうが、ネットから申し込みをするのが一番早いと思いますよ。

【参考ページはこちら】
郵貯銀行カードローンしたくは審査が早い?

ゆうちょカードローンしたくの利便性とメリットについて

ATMへ出向き、カードを入れ暗証番号と金額を入力する。たったこれだけの手順でお金を借りることのできる便利なローン商品であるカードローン。

お金の使い道は自由ですし、利用限度額の範囲内であればいつでも好きな時にお金を借りることができ、返済は毎月一定額を返していけば良いので支出管理も楽です。コンビニATMなどで利用できる商品も多く、その利便性の高さから「万が一」に備えてカードローンを契約している人も数多くいます。

現代の日本人は急な出費を強いられることもしばしばあるので、手元にカードローンがあれば心強いですよね。

カードローンは最も使いやすくポピュラーなローンの一つとして多くの金融機関が取り扱っている商品ですし、多種多様なカードローンが世の中には存在します。

数多くあるカードローンの中でも、利便性と安心・安全を追求するなら、「ゆうちょカードローンしたく」を利用するのが賢いと言えるでしょう。ゆうちょ銀行はスルガ銀行のローン商品を代理業者として媒介しており、このカードローンもそのうちの一つとなっています。

「ゆうちょカードローンしたく」の特徴はゆうちょ銀行とスルガ銀行両店舗で問い合わせや申し込みができる点にあります。

ゆうちょ銀行、スルガ銀行のATMはもちろんコンビニATMや他銀行ATMの利用も可能なので日本中で利用することができますし、銀行系カードローンですので、利用限度額や金利面でも安心・安全の内容となっています。
(⇒ゆうちょカードローン審査は厳しい?

具体的に数字を出すと、利用限度額が最大500万円、金利が年7.0%から14.9%となっています。

一般的な消費者金融の金利が年利最大18.0%となっているので、最大で14.9%の年利となっている「ゆうちょカードローンしたく」は比較的安心して利用することができると言えますね。

また申し込みから利用開始までの早さにも注目したいところです。インターネットや電話で申し込みをした場合、原則として即日審査をしてくれるので、素早い利用開始が期待できるのです。