どこが融資が通りやすい銀行系カードローンとして有名なのでしょうか。融資が通りやすい銀行系カードローンを使わないと、ちょっと資金繰りが危ないところがあるので、使いたいと思っています。でも今申し込みをして断られるわけには行かないので、できるだけ審査の通りやすいところをお願いします。

融資が通りやすい銀行系カードローンは地方銀行がベスト

大手の銀行系カードローンなんかを見ていると「ああ、きっと通らないんだろうな。審査は厳しそうだ」というような印象を受けると思います。これ自体は全く間違いではなく、実際に大手の銀行系カードローンはやはり厳しい審査というのは間違いないでしょう。ただし銀行系カードローンは何も大手ばかりではありません。地方銀行を始めとした小さなところもたくさんあるのです。

ですから融資が通りやすい銀行系カードローンとしておすすめできるところとしては、地方銀行系、信用金庫系なんかがいいと思います。地方銀行系のカードローンがなぜいいのかというと、その地域に根ざしていて、住んでいる人や働いている人には優遇をしてくれるからです。審査に通りやすくしてくれるということもありますから、オススメできます。

融資が通りやすい銀行系カードローンかどうかというのは条件面を見てもらえればいいでしょう。条件面で信用金庫や地方銀行などでは専業主婦でも申し込みができる、と書いているところもたくさんあります。こういった所はかなり審査が甘いと思っていいでしょう。金利もさほど高くはありませんので心配せず使えると思います。

ちなみに条件面だけで言えば近くに地方銀行と並ぶくらいに審査に通りやすいものがネット銀行の中にも存在します。ネット銀行系カードローンもまた、同じように通りやすいものがあるので近くに地方銀行がないとか、使ったことがないという人にはいいかもしれません。ただし地方銀行のようにウェットな関係ではなくドライに割り切ってくるので要注意です。

結果的に大手を避けて銀行系カードローンというのは使うことも出来るのです。これをあまり知らない人が多いのですが、地方にもたくさん使えるものがあるのです。

【参考ページはこちら】
銀行系カードローンをえらぶ時に重視するポイント

融資が通りやすい銀行系カードローンについて

キャッシング目的でクレジットカードに申し込みをしたけれど、なかなか審査に通らないという人も多いでしょう。一般的にクレジットカードの審査は手軽だと考えられているのですが、これはもともとお金に困った人向けの金融サービスではないため、年収や勤続年数、居住年数などが厳しくチェックされることになるのです。

そこで簡単にお金を借りたいと考えているなら、キャッシング目的でクレジットカードを作るより、審査に通りやすい大手銀行のカードローンを利用するのがオススメです。
(⇒カードローンを利用できる会社を教えて!

もちろん銀行系カードローンにも審査はありますが、こちらはお金に困っている人が利用するサービスであり、金融業者側もしっかりと返済してくれる人になら融資をしたいと考えているのです。あまり細かいことでいちいち否決にしていたら、誰にも貸し出すことができなくなってしまうため、クレジットカードよりも審査基準が低く設定されているのです。

ちなみに、審査の際には信用情報機関の情報が使われることになるのですが、クレジットカード会社が利用するものと銀行が利用するもの、消費者金融が利用するものはそれぞれ別の情報であるということが大きなポイントです。

そのためクレジットカードの審査で何度も落ちてしまったという場合でも、カードローンを提供している銀行や消費者金融はクレジットカードの審査落ち履歴については知らないため、全く新しい審査に臨めるというメリットがあるのです。カードローンと聞くとあまり良いイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、カードローンもクレジットカードも借金であることに変わりありません。

クレジットカードとカードローンの違いとしては、カードで店舗から購入できるかどうかだけであり、他の部分はほとんど同じサービスであると言えます。ちなみに、カードローンは金利が低いというメリットもあるため、融資が通りやすい銀行系カードローンを調べてみると良いでしょう。