銀行のカードローンは他と比べても金利が低いし、自分で保証人を探す必要もないし、昔ほど審査も厳しくなくなったし、メリットばかりですよね?逆にデメリットって何かあるんでしょうか?どんな物でも欠点のないものはないと思うんですけど、銀行のカードローンにあるデメリットってどんなことがありますか?

使い方を間違うと、安全なものも危険になるということでしょうか

カードローンというジャンルにおいて、銀行のカードローンは他の物よりも優位性があることは書かれていらっしゃる通りです。多くのカードローンは金利が低く設定されていて、貸金業者(消費者金融や信販会社など)が貸付対象外としている専業主婦も借り入れが可能であること。

キャッシュカードと一体型にできるものでは口座振替の残高不足に自動融資をしてくれるサービスがついているものもあります。この他にも商品ごとのメリットは数多く挙げることができます。

では、ご質問のデメリットについては何があるのか。カードローン全体にいえることとして、使い手である私達の金銭感覚が麻痺することを挙げることができます。「このお金は銀行から借りているもので、計画的な使い方をしないと後々大変なことになる」という危機感とも注意力とも表現できる感覚が、「まだこれだけ借りれるし、いいか」「前にもこれくらい借りたし、今回も大丈夫だろう」という甘い考えに陥りやすくなることは否定できません。

また、住宅ローンやマイカーローンなど大口の融資を希望する際に、カードローンの存在が審査に少なからず影響を及ぼすことも忘れてはいけないでしょう。特に残債務が残っていると、いくら銀行のカードローンでも「他から借りてるんじゃねぇ…」と思われる危険性はあります。絶対ではありませんが、大口融資を希望する方には多少なりとも影響を及ぼすことは覚えておいた方がいいのではないでしょうか。

銀行のカードローンそのものは日常生活で非常に役立つありがたいサービスです。しかし、それに甘えて利用者側が使い方を間違えると、自分にも銀行にもいいことはなくなりますから、「お金を借りている」という意識はなくさずにいたいものですね。
(⇒カードローンのメリットとデメリットをチェック!

銀行カードローンのデメリットを理解しておくべき理由とは

銀行のカードローンのデメリットは、審査の難易度です。銀行のカードローンの審査は、一般的なクレジットカードや消費者金融の審査より厳しいです。低金利で限度額も総量規制の影響を受けない代わりに、勤め先と収入が安定している事が必須です。

ここを押さえておかないと、審査で何度も落とされる事になります。審査に落とされると、次に申し込むタイミングがずれる事になります。結果的にカードローンの利用開始時間が大幅に遅れる事になります。おかしいとお考えの方は、申し込みブラックになる恐れがあります。

申し込みブラックとは簡単に言えば、短期間に何度もローンに申し込む事でペナルティを受けている人の事です。何度も申し込みすると個人信用情報機関に情報が登録され、次の審査で不利になります。これは銀行側が審査の際に個人信用情報機関のデータを参照し参考にするためです。他所に申し込んだ情報はバレているわけです。

審査が厳しいからといって、連続して申し込みを繰り返してはいけません。余計にカードローンの契約が遠のいてしまいます。悪い仕組みにはまってしまわない事を理解しましょう。審査が甘い消費者金融であれば、この悪いサイクルに入る機会はそうそうありません。銀行の審査が厳しいために発生するサイクルです。

こういった事が銀行のカードローンのデメリットを理解すべき理由となります。金融機関と個人信用情報機関、申し込みのサイクルなどの知識を身につけた上で申し込む事ができれば、審査に通りやすくなります。少なくとも申し込みブラックになる事を避ける事ができます。結果、短期間で審査に通る事ができます。

審査に通らなかったら、6ヶ月間を空けましょう。6ヶ月は金融機関が個人の信用を見直す期間です。こういった事を理解すると、安易に申し込むのではなく、履歴をクリーンにした上で申し込みしたほうが良いとご理解いただけるはずです。

デメリットを理解して、理に適った行動を取れば、時間を無駄にせずに融資を受けられると覚えておきましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの一本化はメリットとデメリットのどっちが大きい?