これからカードローンを借りるのですが、利息はできるだけ少なくしたいのですが、リボ払いや一括払いなど返済方法によって利息は変わりますか?

違いますので利息を少なくしたいのであれば早く完済しましょう

返済方法はいろいろあります。利息だけを考えるのであれば、毎日毎日利息は付いていきますので返済期間が短い方が支払利息は少なくて済みます。支払期間が短いということは、毎月の返済額が高くなります。毎月の返済に無理がありまたカードローンをそのために借りることのないように、無理のない程度の月々の返済額で完済しましょう。
(⇒カードローンで上手に借りて返すコツとは

返済日を待たず、一括返済ができれば、利息も少なくて済みますが、一方リボルビング(残高スライドリボルビング)という返済方式はどうなのでしょう。クレジットカードのリボルビング払いとは違います。

カードローンの返済ではよくこの方式で、支払っています。残高によって最小の返済額が設定されます。残高が多いときは最小返済額も高くなります。そして残高が少なくなってくると、最小返済額も少なくなってきます。

元金を早く返したいのですが、利息を優先的に返済しているようで元本の返済額が少なく、返済期間が長くなりますね。最小返済額で最小で払い続けるよりも、余裕のある時に多めに返すことが、完済への近道です。

またリボルビング方式には、元利定額リボルビング方式と、元金定額リボルビング方式があり、元利定額は毎月の返済額の中から利息を差し引いて残りが元金の返済なので、元金の返済は一定ではありません。元金定額は元金の返済額を決めて、それに利息分を足して払います。元金を確実に支払っていけるのでこちらの方が早期に返済が終わります。

【参考ページはこちら】
カードローンをお得に利用するポイントを教えて!

カードローンのリボ払いを一括払い利息カットすべき理由

カードローンの返済方式で一番多いのがリボ払いです。リボ払いは毎月、決められた少額を支払うため、少額返済方式とも考えられます。しかし、少額返済である事は、長期的に返済が続く事と同じです。完済までの時間がかかる事とは、それだけ多くの利息を支払う事に他なりません。

リボ払いでカードローンを利用中の人は、一括払い利息カット出来る事も覚え、出来るのであれば実践してください。将来利息をカットできます。将来利息とは、リボ払いを続け、完済するまでに発生する将来的な利息です。

毎月1万返済の人が、次の月に2万、3万返済すると完済日が早くなります。完済日が早くなれば、日数分利息を支払う必要がなくなるわけです。つまり、完済でなく、部分的に多めに返済するだけでも、メリットがあるのです。

月単位で生活費をやりくりしていると、余裕のある月もあるはずです。貯蓄に回す選択肢もアリですが、カードローンの債務があるなら、返済に回す事で利息をカット出来ます。完済日も近くなります。
(⇒カードローンの利息は必要経費になるってホント?

ローンの一括払いとは、数十万ある元本を一括完済するのみではなく、部分返済も含まれます。部分返済や完済方法は、カードローン会社のウェブサイトまたは会員ログイン後に記載されています。完済の場合、前回の返済日から完済予定の日までの利息を計算する必要があるため、借り入れ先に連絡する必要があります。

ともかく、いつもより多く返済する方法も理解しておきましょう。一括払い利息カット出来る事は、利用者側にとって大きなメリットです。目には見えませんが返済の負担が軽減するのは大きなメリットです。

リボ払いは毎月の返済を抑えられる分、利息を多く支払う返済方式です。この辺りの知識を身につけて借り入れ・返済を行うと賢くカードローンを活用できます。返済で行き詰まる事もありません。ですので、上手に利息をカットして返済計画を立てていきましょう。

難しいとお考えの方は、取り敢えず一括払い利息カットできてお得と覚えておいてください。